ティーチャーズクラウド規約

株式会社リンク・インタラック(以下「当社」という)が提供するティーチャーズクラウドの利用を希望する顧客(以下「決裁者」という)は、以下の規約(以下「本規約」という)に従い本サービスを利用するものとする。

第1条 (用語の定義)

本規約に用いる語句の定義は以下のとおりとする。

(1) 「ティーチャーズクラウド」とは、学校教員の指導力向上及び授業準備効率化を実現するために必要かつ有益なあらゆる情報を提供するためのクラウドシステム及びこれに付随して当社が提供するサービス(以下、これらを総称して「本サービス」という)をいう。

(2) 「クラウドシステム」とは、当社がコンテンツを掲載するためのストレージ機能及び研修動画や授業動画の閲覧を行うためのストリーミング機能を有するクラウド上のシステム(以下「本システム」という)をいう。

(3) 「コンテンツ」とは、当社が本サービス上にアップロードする授業動画、指導案及び指導に用いる視聴覚教材や機関誌等をいう。

(4) 「ユーザー」とは、決裁者の管理のもと本サービスを利用することを許諾された決裁者管轄下の教員等をいう。

(5) 「学校 ID」とは、当社が発行し、本サービスのオーナーまたは管理者として決裁者が保有する識別子をいう。なお、学校IDは、本サービスを有効活用するための各種設定権限を有するIDであり、小・中学校及び高等学校1校につき1つのみ付与されるものである。

(6) 「ユーザーID」とは、本サービスへのアクセス認証に使用される、ユーザーが個々に固有で持つ識別子をいう。ユーザーIDは、決裁者から配布される学校IDを用いて、本システム上でユーザー自ら発行するものである。なお、学校ID及びユーザーIDを総称して「ログインID」という。

(7) 「パスワード」とは、ログインIDと組み合わせて、本サービスへのアクセス認証のために使用される文字列をいう。

(8) 「学校年度」とは、1 年間の区切りのことを指し、4 月1 日から翌年3 月31 日までの期間をいう。

第2条 (本サービスの目的と内容)

当社は、教員等が授業を実施するにあたり有益なコンテンツをクラウドシステム上に集約及び掲載し、学校教員の指導力向上及び授業準備の効率化を目的として、決裁者に対し、本サービスを提供するものとする。

第3条 (契約の成立及び確認事項)

1. 決裁者は、本規約の全ての内容に同意した上で、当社所定の申込書(以下「申込書」という)を提出するものとする。当社は、当社所定の基準により承諾の可否を検討し、申込を承諾する場合には、その旨通知する。当該承諾をもって、当社と決裁者との間で、本サービスの利用契約(以下「本契約」という)が成立する。

2. 決裁者が当社と別途労働者派遣契約を締結している場合は、前項で定める当社所定の申込書の提出に代替し、当該契約の締結をもって本サービスの利用契約が成立するものとする。

3. 決裁者は、本サービスにおいて、サーバ・ネットワーク基盤として「Amazon Web Services」を使用することを了承する。Amazon Web Services のプライバシー規約については、以下のものが該当する。
Amazon Web Services のプライバシー規約:https://aws.amazon.com/jp/privacy/

4. 決裁者は、本サービスの利用にあたり、以下の事項を確認、承諾するものとする。

(1) 各ユーザーが本サービスの使用を開始する際に、本規約の内容を理解させ、遵守させること。

(2) 本サービスを自己の責任において利用し、本サービスの提供について一定の客観的効果(学校教員の指導力向上及び授業準備の効率化等を含むが、これらに限られない)を補償するものではないこと。

第4条 (登録情報変更の届出義務)

1. 決裁者は、本サービスの申込時に当社に対して提供した登録情報(申込書記載事項を含む。以下、総称して「登録情報」という)が全て正確であることを保証する。

2. 決裁者は、登録情報に変更が生じた場合、当社に対し、速やかに届け出るものとする。

3. 当社は、前項の決裁者による届出が、当社に到着し確認するまでは、登録情報に変更はないものとして本サービスの提供を行う。

4. 当社は、本条に基づく登録情報の変更の届出を決裁者が行わなかったことによる不利益について、一切責任を負わないものとする。

第5条 (ログインID・パスワードの管理)

1. 決裁者は、各ユーザーに対して、当社から発行した学校IDを貸与させることができるものとする。ユーザーは、決裁者から貸与された学校IDを使用して、ユーザーIDとパスワードの作成を行うものとする。ユーザーは、決裁者の責任に基づく適切な監督下で、ユーザーID・パスワードを適切に管理、保管するものとし、これらを第三者に利用、貸与、譲渡等させてはならない。

2. ユーザーは、本サービスの利用目的の範囲外でログインID・パスワードを使用したり、使用させたりしてはならない(ログインID・パスワードの使い回し、複数人での共同使用、ログインID・パスワードの設定外の第三者の割替えをいうが、これらに限られない)。

3. 決裁者またはユーザーが管理を怠ったり、ログインID・パスワードを第三者に利用、貸与、譲渡等させたりすることにより、学校教員以外の第三者によってログインID・パスワードが正しく入力され、本サービスにログインした場合(以下、かかる状況を「不正使用」という)、当該不正使用による本サービスの利用は、設定されたユーザーによる利用とみなされ、当該ログインID・パスワードを用いた行為とその結果に関して、当社は一切の責任を負わないものとする。

4. 決裁者は、ログインID・パスワードの不正使用、その他第三者による盗難が判明した場合、直ちにその旨を当社に通知する。万一、当該不正使用等により当社に損害が生じた場合、決裁者は、当該損害を賠償する責を負うものとする。

第6条 (本サービスの提供)

1. 当社は、善良なる管理者の注意義務をもって、本サービスを提供する。

2. 当社は、決裁者に対し、当社が提供する本サービスが、第三者の著作権その他いかなる権利も侵害するものではなく、かつ、合法的なものであることを保証する。

第7条 (再委託)

当社は、本サービス提供の全てまたは一部を、当社が指定する第三者(以下「再委託先」という)に再委託することができるものとする。この場合、当社は再委託先に対し、本契約において決裁者に対して負う義務と同等の義務を遵守させるものとし、再委託先の義務違反について、決裁者に対し直接責任を負うものとする。

第8条 (本システムの機能追加、変更)

決裁者は、当社が本システムの機能向上を目的として、当社の裁量により本システムの機能の追加、変更を行う場合があること、及び、当該追加、変更により、変更前の本サービスの全ての機能、性能が維持されることが保証されるものではないことを理解し、了承するものとする。

第9条 (本サービスの利用料金)

1. 決裁者は、当社に対する本サービスの利用料金として、月額費を支払うものとする。月額費とは、本サービスの基本利用期間の開始月から、本契約が終了する日の属する月の末日まで、毎月発生する料金をいう。月額費は、月単位で発生し、日割計算は行わないものとする。なお、月額費の単価は学校ID1つの付与につき5,000円とし、決裁者が支払う月額費の金額は、当社から決裁者に対して付与する学校ID数に応じて決定される。

2. 月額費の支払方法は、以下のとおりとする。
月額費は、各利用月の末日締め(当社の毎月末の最終営業日15:00締めとする)とし、その翌月末日を支払期日とする。決裁者は、当社が発行した請求書に従い、各支払期日までに、当社が指定する口座宛てに月額費を振り込んで支払う。ただし、当社と決裁者において、口座振替による支払方法を指定した場合は、この限りでない。

3. 前項の支払に関する手数料は、決裁者が負担する。なお、本サービスの支払に用いる通貨は日本円とする。

4. 決裁者が当社と別途労働者派遣契約を締結している場合は、本条で定める本サービスの利用料金に関する規定は適用されないものとする。

第10条(支払遅延の措置)

1. 当社は、決裁者からの入金が確認できない場合、本サービスの提供を停止できるものとする。この場合、決裁者が当社の催告に対し、直ちに入金を行った場合、当社は、入金を確認でき次第、本サービスの提供を再開するものとし、決裁者が入金を行わない場合、当社は、第19条第2項に従い、本契約を解除することができるものとする。

2. 決裁者が利用料金の全てまたは一部を支払わない場合、当社は決裁者に対し、支払期日の翌日より実際の支払日までの日数に応じ、未払利用料金に対し法定利率に従い算出した金額を遅延損害金として請求できる。

3. 決裁者が当社と別途労働者派遣契約を締結している場合は、本条で定める支払遅延の措置に関する規定は適用されないものとする。

第11条(権利の帰属)

1. 本システム(ソフトウェアプログラム、コード、ユーザーインターフェースのデザイン等を含む)及び本サービス上で掲載されるコンテンツの所有権及び著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含む。以下同じ)その他一切の知的財産権(以下「知的財産権」という)は、全て当社に帰属するものとし、本サービスの利用により決裁者へのいかなる知的財産権の移転、譲渡も生じないものとする。

2. 当社は、本サービスの利用目的の範囲内において、決裁者に対し本サービス上で掲載されるコンテンツを閲覧及びダウンロードして利用(複製、配布等、同一性を保持した形式での利用に限る)することを承諾する。

3. 当社は、決裁者が当社の知的財産権を実質的に侵害したと認められる場合、本サービスの利用を直ちに停止した上で、決裁者による侵害行為を差し止めるためのあらゆる措置をとることができるものとし、決裁者は当社によるかかる措置を受け入れるものとする。

第12条(本サービスを通じて取得した情報の取扱い)

1. 当社は、契約期間中はもとより契約期間終了後においても、本サービスを通じて取得した決裁者及びユーザーの業務上及び営業上の情報、本サービス上のデータ、内容(以下「秘密情報」という)を、善良なる管理者の注意義務をもって管理し、本サービス提供の目的外に利用せず、第三者に対し、開示、漏洩しないものとする。ただし、以下の各号のいずれかに該当する情報については、秘密情報に含まないものとする。

① 公知の情報、または決裁者から開示もしくは提供を受けた後、自己の責によらないで公知となった情報

② 決裁者から開示、または提供を受けたとき、既に自己が所有していたことを明らかにすることができる情報

③ 第三者に対する開示、または提供について、決裁者の事前の承諾を得た情報

④ 正当な権限を有する第三者から開示または提供を受けた情報

2. 当社は、本サービスを通じて決裁者及びユーザーから取得した情報を、決裁者及びユーザーを識別、特定できない形式で統計データを作成し、本サービスの妥当性、信頼性及び傾向の分析、公表等を目的として利用することができる。

3. 決裁者は、当社が決裁者の利用状況を把握するためにGoogle Analyticsを利用し、当該Google Analyticsは、Cookieを利用して、個人を特定する情報を含むことなく、本サービスの利用情報を収集することについて同意するものとする。当該利用情報は、Google社のプライバシーポリシーに基づき管理され、当社はGoogle Analyticsの利用による損害について、責任を負わないものとする。Google Analyticsの利用規約及びGoogle社のプライバシーポリシーについては、以下のものに従う。
・Google Analytics の利用規約:https://marketingplatform.google.com/about/analytics/terms/jp/
・Google 社のプライバシーポリシー:https://policies.google.com/privacy?hl=ja

第13条(禁止事項)

決裁者及びユーザーは、以下に定める事項を遵守するものとする。

(1) 法令及び本規約に違反しないこと

(2) 当社が指定した利用目的及び利用方法以外で、本サービス(本サービスを通じて提供されたコンテンツを含む)及びこれに付随して当社から提供された書類、データ等の利用をしないこと

(3) 一人のユーザーが、不正目的で複数のIDを所有しないこと

(4) 本サービスの契約期間中はもとより契約期間終了後においても、本サービスの利用を通じて取得したコンテンツの一切を、学校関係者以外の第三者(当社と競合する事業を営む民間企業を含む)及び当社に雇用されていない外国語指導助手に対し、開示、譲渡または貸与しないこと

(5) 本サービスの利用を通じて取得したコンテンツ等の複製、公の上映、公衆送信(送信可能化を含む)、公の口述、公の展示、頒布、翻訳・翻案その他の改変利用を行わないこと

(6) 本サービスの他のユーザーまたはその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害しないこと

(7) 本サービス及び当社に損害を与えるような本システムの改変、使用(本システムの逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング等の行為を含むがこれらに限られない)を行わないこと

(8) 公序良俗に反する行為を行わないこと

(9) その他前各号に準じて、当社の利益に反すると合理的に認められる一切の行為を行わないこと

第14条(損害賠償)

決裁者及びユーザーが本契約に違反したことにより、当社が損害を被った場合、決裁者は当該損害を賠償する責任を負うものとする。

第15条(利用期間)

1. 本サービスの利用期間は、申込書にて定める(以下、本項に基づく利用期間を「基本利用期間」という)。なお、基本利用期間の開始月は、申込書記載の申込日に従うものとし、基本利用期間の終了月は、基本利用期間の開始月にかかわらず、開始月が属する学校年度の年度末とする。

2. 基本利用期間満了月の前月末日までに、決裁者から、本契約を更新しない旨の書面での通知がない限り、本契約は、さらに1年間延長されるものとし、以後も同様とする(以下、本項に基づく、1年ごとの利用期間を「更新期間」という)。ただし、当社と決裁者の合意により、別段の定めをした場合は、この限りでない。

3. 決裁者が当社と別途労働者派遣契約を締結している場合は、本条で定める利用期間に関する規定は適用されず、労働者派遣契約で規定する契約期間に準ずるものとする。

第16条(解約)

1. 決裁者は、基本利用期間中、基本利用期間満了までは本契約を解約することはできない。ただし、基本利用期間中であっても、決裁者は、利用を終了する月までの利用料金及び利用しない残期間分の利用料金相当額を違約金として、一括して当社に支払った場合に限り、本契約を解約できるものとする。

2. 決裁者は、更新期間中においても更新期間満了までは、本契約を解約することはできない。ただし、更新期間中であっても、決裁者は、利用終了を希望する月の前月末日までに、当社に対して書面にて通知した上、利用を終了する月までの利用料金及び利用しない残期間分の利用料金相当額を違約金として、一括して当社に支払った場合に限り、本契約を解約できるものとする。

3. 決裁者が当社と別途労働者派遣契約を締結している場合は、本条で定める解約に関する規定は適用されないものとする。

第17条(本サービスの提供の一時停止等)

1. 当社は、当社が本サービスにより提供する本システムの保守または仕様変更(第8条で定める本システムの機能追加、変更を含む)を行う場合は、本システム上において事前にその旨掲載し、決裁者及びユーザーに対し通知した上で、本サービスの提供を一時的に停止することができる。

2. 当社は、次の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合は、決裁者及びユーザーへの事前の通知または決裁者及びユーザーの承諾なしに、本サービスの提供を一時的に停止することができる。

(1) 天災地変その他非常事態が発生し、または発生するおそれがあることで、本サービスの提供ができなくなった場合

(2) 当社が、やむを得ない事由により本サービスの提供の一時的な停止が必要と判断した場合

第18条(免責)

1. 本サービスの提供において、当社の故意または過失により、決裁者に損害が生じた場合、当社は、決裁者に対し、本サービスの利用料金(損害発生時までに決裁者が当社に支払った利用料金の総額とする)を上限として、当該損害を賠償する責を負うものとする。ただし、当社が本規約第12条第1項に違反した場合は、本項の損害賠償の上限に関する規定は適用されない。

2. 前項にかかわらず、当社は、以下の事由により決裁者及びユーザーに損害が生じた場合、一切の責任を負わない。

(1) 第5条第3項規定のアカウントの不正使用等が発生したとき

(2) 第13 条に違反したとき

(3) 第17 条に基づき、本サービスの提供が一時的に停止されたとき

(4) 第19 条に基づき、当社が本契約の全てまたは一部を解除したとき

(5) 決裁者及びユーザーの接続サービスの不具合、その他接続環境の障害、電気通信事業者が提供する電気通信役務の不具合、不正アクセス、サービス妨害行為、もしくはコンピューターウィルス、その他第三者の加害行為により本サービスの提供ができなくなったとき

(6) 前号により本サービスに関するデータの消失、変更が生じたとき

第19条(契約の解除)

1. 当社または決裁者が、次の各号のいずれかに該当する場合、その相手方は、本契約の全てまたは一部を何らの催告なく、直ちに解除することができるものとする。

(1) 本契約に違背し、契約の継続が困難と客観的かつ合理的に認められるとき

(2) 相手方の信用を著しく毀損したとみなされるとき

(3) 支払停止状態に陥った場合、その他財産状態が悪化し、またはそのおそれがあると認められる相当の理由があるとき

(4) 手形交換所の取引停止処分を受けたとき

(5) 差押え、仮差押え、仮処分、競売、強制執行、滞納処分等の申立を受けたとき

(6) 破産手続、会社更生手続、民事再生手続の各開始申立があったとき

(7) その他前各号に準ずるとき

2. 当社は、決裁者が次の各号のいずれかに該当する場合、本契約を何らの催告なく、直ちに解除することができるものとする。

(1) 月額費を1回でも滞納し、当社が支払の催告をしたにもかかわらず、決裁者が支払を拒絶した場合、もしくは、決裁者の財務状況に照らし、客観的かつ合理的に支払う見込みがないと認められるとき

(2) 月額費を滞納し、当該滞納額が3か月分に達したとき

3. 基本利用期間中または更新期間中において、決裁者が本条第1項第1号及び第2号並びに前項に違反したことにより、当社が本契約を解除した場合、決裁者は、当社に対し、基本利用期間満了または更新期間満了月(基本利用期間及び更新期間の定義は第15条第1項及び同条第2項にてそれぞれ規定する)までの残期間分の利用料金相当額を、違約金として支払わなければならない。なお、当社に本項の違約金の額を超える損害が発生したときは、当社は決裁者に対し、当該超過損害額を請求することができる。

第20条(反社会的勢力の排除条項)

1. 当社及び決裁者は、自らもしくは自らの代表者、役員、使用人または実質的な経営権を有するものが次の各号のいずれかにも該当しないことを将来にわたって表明し、保証するものとする。

(1) 暴力団

(2) 暴力団員

(3) 暴力団準構成員

(4) 暴力団関連企業

(5) 総会屋等、社会運動等標榜ゴロ、または特殊知能暴力集団等

(6) その他前各号に準ずる者

2. 当社及び決裁者は、自らまたは第三者を利用して、次の各号のいずれかに該当する行為を行わないことを確約するものとする。

(1) 暴力的な要求

(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為

(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為

(4) 風説を流布し、偽計もしくは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為

(5) その他前各号に準ずる行為

3. 当社または決裁者は、相手方が前二項のいずれかに違反した場合、通知、催告をすることなく本契約を解除することができるものとする。

4. 前項の規定により、本契約が解除された場合には、解除された者は、解除により生じる損害について、解除者に対し一切の請求をすることができないものとする。ただし、これにより解除者からの損害賠償の請求を妨げないものとする。

第21条(本規約の変更)

1. 当社は、必要に応じて、本規約及び本細則等を変更することができるものとする。

2. 前項において、当社が本規約の重要な内容、条件の変更を行う場合、当社は決裁者に対して本システム上または本サービスサイト上等で、速やかに変更内容、条件に関する通知を行うものとし、通知後1か月が経過した時点で、決裁者が書面により異議を申立てない場合、当該変更内容、条件を承諾したものとみなす。

第22条(契約終了後の存続規定)

本契約終了後においても、第11条乃至第14条、第18条、第19条第3項、第20条、第23条乃至第26条の規定は、なお有効なものとして存続するものとする。

第23条(権利義務譲渡禁止)

当社及び決裁者は、本契約上の地位並びに本契約から生じた権利及び義務を、相手方の事前の書面による承諾なく第三者に譲渡し、あるいは担保に供しないものとする。

第24条(準拠法)

本契約の準拠法は日本法とする。

第25条(協議)

本規約に定めのない事項及び疑義が生じた場合には、当社及び決裁者は誠意をもって協議し解決するものとする。

第26条(管轄)

本契約について紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。